未分類

西郷どん 動画 47話 最終回 無料再放送

西郷どん 感想ネタバレ

もう少し早ければ戦から戦争

大河ドラマ「西郷どん」SEGODON

原作・林真理子先生

宮貴晴美さん「敬天愛音」

被害者は最小限になりました、ガトリング砲(機関銃)の使い方も知らなかったと思います。

着物から洋服と髪型が最初とは違います。

過去の政府の中身を知った西郷隆盛さんは戦争になります。

大久保利通さんは100年後に対等に西洋と話せる国を作りたかっただけです。

約50年前の日本国は全ては歴史にあります。

廃藩すれば藩は反発します。

出演者・西郷隆盛(鈴木亮平)大久保利通(瑛太)2人には深い関係があります。

西郷糸(黒木華)島津久光(青木崇高)木戸孝允(玉山鉄二)西郷菊次郎(城桧史)さんです。

当時は天使様(明治天皇)を見る事はありませんでしたが、あの幕の後ろに居たのは明治天皇(野村万之丞)さんで見ていますから時代は変わっています。

天皇様の姿を見て久光さんも変わります。

廃藩に怒っていた久光は花火を打ち上げましたから少しの気晴らしでしょう。武士と軍人が居ますから反乱になります。

島津斉彬が認めた西郷さん岩倉使節団が居ない留守を預かりますが、岩倉と大久保さんが居ない時が好機と考える武士もいましたから戦争(戦)になります。

岩倉使節団は不平等改正の為に欧米に行きますが、日本とは差があり文化が違います。

岩倉具視(笑福亭鶴瓶)さんがしています。

公家の世界の三条実美さん右大臣で左大臣と明治天皇様は陳と言っています。

岩倉さんが西郷さんに言っていました。

約束は守るんやでと何の事でしょうかと思います。

新しい国作りは大変な事ですが、その国を作りたかった人もいますが亡くなっています。

大久保さんは日本にはまだやる事があるので欧米に行きます。

西郷さんが言っていましたおはんの様な男が政府には必要だったみたいです。

自分の事しか考えていない藩士が沢山いました。

動乱の維新はもう終わっているのに、慶喜公と天皇様があそこまでしても武士の世界が名残惜しいでしょうね。

一気に棒給(給料)が下がります。

不平等改正とはそこにあったのですよ長州の藩士はお金を使ってしまいますが、切られる所を西郷さんに助けられます。

天使様の姿を見た菊次郎さんは異国への留学を決めました。

何も言わなかった、隆盛さんと糸さん菊次郎さんが決めた事です。

岩倉使節団の名前に入っていた人は欧米の文化を見ます。

西郷さんの事言っています。

お前が作りたかった国、やり抜け最後まで倒れてもいつでも薩摩に帰ってこいと久光さん(兄の斉彬さんの意思)が言ってました。

西郷隆盛さん有難く御言葉頂戴します。

紀行でしてましたが横浜開港で発展と自由を手に入れました。

岩倉さんと勝海舟さん関わっているみたいです。

横浜開港とは長崎の出島みたいな所です。

文化の改革。

 

政府から去った

西郷隆盛さんはよくドラマに出ています。

明治維新の時に新政府にいたのは史実です。

林真理子先生からの西郷隆盛さんはこのような人だったと視点の違いがあります。

各場面では台詞が違う所はありますが、表情は同じです。

西郷隆盛さんが主役のドラマです。

江戸幕府からは悪役、明治維新では英雄なので、西郷隆盛さんと大久保利通さんはあのようにするしか無かったみたいです。

大久保利通さんはヒール役、西郷隆盛さんはヒーロー役です。

ヒール役とヒーロー役で成り立つ西郷隆どん「士族達の動乱」今まで武士達だった人が反乱します。

農民の一揆と同じ事です。

出演者・西郷隆盛(鈴木亮平)大久保利通(瑛太)西郷糸(黒木華)江藤新平(迫田孝也)西郷従道(錦戸亮)岩倉具視(笑福亭鶴瓶)木戸孝允(玉山鉄二)さんです。

西郷隆盛さん桐野さんと政府を辞めて鹿児島(薩摩)で隠居生活でのんびり暮らしてましたが、武士(士族)がのんびりはさせませんでした。

先週全てを大久保さんに託していました。

西郷先生を慕って士族が鹿児島に政府を辞めてきますが、華さんは言っていました。

政の事はようわからんどうかお引き取りをと、自分達で始めた事なので隆盛さんを巻き起こまないで欲しかったみたいです。

佐賀の乱は江藤新平さんでも士族は抑えられ無かったみたいで、政府に敗れますが、西郷先生の所に来ました。

武士の世界で士族は一気に職を失いますから不満だったのでしょう。(農民も不満だったと思います)

佐賀の所で敗北江藤新平さんはとなりますが、大久保利通さんはあそこまでする人です。

以前言っていましたメリケンでは政府に逆らうとどうなるかと、新政府からもう政府になっていますから、佐賀の乱だけでは終わりません鹿児島に集結してしまいます。

戦など言語道断で戦争はしたくないので私学校を作りました。

鉄砲や大砲の使い方を勉強する所ですがそこは給金が出る所で士族は勘違いしてしまいます。

政府を支えたかった西郷隆盛さん新しい日本は全員が変わらなくてはいけませんでしたが、西南戦争の勃発に私学校が関係あります。

鹿児島は疑われてしまいます。

密偵の人数を増やす。

吉之助どんを隠居してもらえばよかったのにと思います。

西郷隆盛さんを頼ってしまいました。

大久保利通さんの横に従道さんがいましたから政府と関係はあります。

岩倉具視さんが襲撃されましたから(暗殺)したかったみたいですが、失敗していました。

大久保利通さんは動かなくてはいけません、奥さんが東京に行きますがおゆうさんもいます。

大久保さんの以外な一面を見れました。子煩悩な人です。

来週は「西郷立つ」立ちたくなかったけど立ってしまいます。

紀行で江藤新平さんの事していました。

佐賀の人ですが武士の世界を終わらせたかった人です。

本行寺にいると思います。

 

薩摩と東京

 

士族階級の人達が一気に職を失います(大奥の人達も同じです)。

武士で合ったとのプライドですが、私学校とは士族階級と武士の考えを分散させたかったのですが(自衛隊)もう武士の時代は終わっていました。

明治政府と大久保利通さんですが、西郷隆盛さんの所に集まってしまいます。

元新政府にいましたから「西郷立つ」最後1人です。

士族階級と若者を止める事は出来ませんでした。

桐野利秋さん中村半次郎(人斬り半次郎)です。

あまり有名ではないと思いますが、かなりな事に関わっています。

出演者・西郷隆盛(鈴木亮平)大久保利通(瑛太)西郷糸(黒木華)西郷従道(錦戸亮)岩倉具視(笑福亭鶴瓶)桐野利秋・半次郎(大野拓朗)さんです。

明治政府と話合いに行く西郷隆盛さんですが、戦争しに行く事になります。

私学校が仇になりました。

士の希望を持っていた西郷さんは、ただ畑を耕しているだけなので、訓練もしていたのは事実です。

動いてはならんと言っていましたが動いてしまいました。

ハンランノケハイアリ(密書)完全に鹿児島は政府に怪しまれます。

おはんらまだそげな事を立つ断じてならんと言っていましたが、立ってしまいました西郷隆盛さんは、政府(大久保利通)からの密偵を捕まえてつるし上げてましたが、すぐに降ろせと言っていた西郷さんですが、武器庫をあらしてしまった若者達は薩摩は国賊に見られますね大久保さんの本音の密書アンサツを見た密偵はしませんでした。

西郷従道さんも心配していましたが、西郷隆盛さんと大久保利通さんは道こそ異なれど同じ目標がありました。

先人の夢を叶える龍馬さん達の事言っていると思います。(桐野利秋さん龍馬さん海舟さん知っています)

最初の方で菊草さんが奄美から来ました。

菊次郎と虎太郎さんの妹さんです。

西郷隆盛さんは大久保利通さんと政について話しに行っただけですが、薩摩(西郷隆盛)兵を上げたと見られます。

大久保利通さんが吉之助どんの所に行こうとしましたが、岩倉具視さんに止められます。

大久保さんは当時権力を持っていたので動けませんでした。

西郷さんは泣いていました。

夕日と雪だと思います。

糸、留守は任せた糸です。

大久保利通さんは非情ではないです。

菊次郎さん市長になっていますから、立場上ああするしかありませんでした。

紀行でしていましたが、刀からクワで農業で富国、各地で士乱が起きてましたから、国賊の汚名を払いたかった西郷隆盛さんです。

強兵と廃刀令(武士の魂)で薩摩から日本を変えたかったみたいですが、明

治維新の方々は東京だったと思います。

来週は「西南戦争」あの時代の最後の戦争ですが、西郷隆盛さんは負ける事知っていました。

士族の不満は爆発状態で、以前新政府にいた西郷隆盛先生と思ったのだと思います